面接での身だしなみ・服装はこうする

面接での身だしなみ・服装はこうする

 

せっかく書類が通っても、面接でいい印象を残せなければ内定までたどり着けません。

 

そこで重要なのが、身だしなみや服装、つまりパッと見の印象です。

 

もちろんどのようなことを話すのか、その内容やアピールなども重要ですが、見た目で悪い印象をもたれてしまったらそれがついて回ることになります。

 

見苦しい人、寝癖が思いっきりついている人などがそれっぽいことを言っていても、すんなりと受け入れられないですよね。

 

そこで、ここでは面接での身だしなみ、服装はどうすればいいのかについてご紹介します。

 

身だしなみを要チェック

 

寝癖がついていないか、男性であれば髭の剃りのこしはないか等、しっかりチェックしてください。また、ネクタイがしっかり結べているか、曲がっていないかなどもチェックしておきましょう。

 

その他、爪が伸びすぎていない家や、面接の場にふさわしくないような状態になっていないか、などにも気を配ることが大切です。

 

くわえて、靴が汚れていない家や、ワイシャツがしわしわになっていないか、汚れはないかやスーツに誇りがついていないかなども要チェックですよ。

 

すぐにホコリをとれるように、ブラシは常備しておいたほうがいいですね。それと、鏡も忘れずに持っておきましょう。

 

髪型はどんなのがいい?

 

男性の場合は、あまりに長すぎるのはNGです。

 

また、女性の場合は前髪が目にかからないようにしておきましょう。

 

男女ともに、額が出るくらいが好印象ですよ。

 

服装はどうする?

 

リクルートスーツで問題ないでしょう。派手なものや、柄がはっきり入っているのは避けたほうが無難です。

 

ワイシャツはしっかりとアイロン掛けし、ピシッとしておきましょう。それと、ワイシャツの下は白い下着がいいです。色がついていると、意外に外からわかってしまうものですよ。

 

その他に、ネクタイやベルトも派手目のものは避けてください。それと、靴下は黒色や紺色で、長めのものを選びましょう。

 

ちなみに女性の場合は、ベージュで無地のストッキングが無難ですよ。それと、靴についてはあまりヒールが高くないものを選んだほうが、動きやすいですよ。

 

⇒ 既卒での就職活動の進め方はこちら

 

面接について学ぼう

 

もし、面接での身だしなみであったり服装など基本的なところから既卒の就活を学びたいというのであれば、いい就職.comが開いているセミナーに参加してみるのもいいですよ。

 

参加は無料ですし、開催している場所は『東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・広島・札幌・沖縄』と幅広いですから。

 

また、開催する間隔も短いので、一度試しに参加してみるといいでしょう。

 

⇒ いい就職.comの評判・口コミレビュー


関連ページ

面接で空白期間をきかれたらどう答えればいい?
面接で空白期間をきかれたらどう答えればいい?
既卒・フリーターの面接はどんなことを聞かれるのか
既卒・フリーターの面接はどんなことを聞かれるのか
面接で緊張せずに対応するための方法
面接で緊張せずに対応するための方法