既卒・フリーターの面接はどんなことを聞かれるのか

既卒・フリーターの面接はどんなことを聞かれるのか

 

書類を通過したとしても、次に待ち構えるのが面接です。

 

面接だと緊張してうまく伝えられない、質問にしっかり答えることができないと悩んでいる人も多いでしょう。

 

面接を無事に通過するためには練習が必要ですが、そのほかに、事前にどのようなことを聞かれるのか想定しておくことです。

 

ある程度準備できていれば、あわてずに済みますからね。そこで、ここでは既卒・フリーターの場合、面接でどのようなことを聞かれるのかご紹介します。

 

⇒ 面接で緊張せずに対応するための方法

 

既卒になってしまった理由

 

なぜ既卒になったのか、その理由を聞かれることもあります。

 

そんな時、在学中に何社も受けたが内定がもらえなかったから、とストレートに言ってもいい印象は受けないですよね。

 

なので、そういった時はどのように活動していたのか、何が問題で今はどのように解決した・意識して活動しているのかなどをプラスして伝えましょう。

 

マイナスのことを言った後、フォローの言葉を足すのは重要ですよ。たとえ失敗したり不器用であっても、それを修正する能力がしっかりあることを示せれば面接官の印象も変わってきます。

 

内定は出たが既卒になった場合

 

在学中に内定は出たものの、あえてその内定を辞退した場合も、しっかりとその理由を用意しておきましょう。

 

なぜその会社を受けたのか、辞退した理由、その会社への本気度などを伝えるのが重要です。

 

就職活動をしなかった場合

 

なぜ就職活動をしなかったのか、その理由を取り繕うと思ってもぼろが出ます。

 

そこは正直に話し、なぜ就職活動をしようと思ったのか、その理由をしっかりと伝えられるようになりましょう。

 

空白期間のこと

 

こちらも、取り繕っても仕方ありません。

 

その期間にやっていたことは正直に伝え、どのような経験をしたのかや考え方を得たのか、また将来どのようにその経験を活かしていきたいのかなどを伝えましょう。

 

詳しくは、『面接で空白期間をきかれたらどう答えればいい?』で解説しているのでそちらを参考にしてみてください。

 

⇒ 既卒での就職活動の進め方はこちら

 

面接対策をするなら

 

面接でどんなことを聞かれるのか不安、うまく答えられるか不安、などなど。

 

面接を通過しなければ採用はないのですが、不安がいっぱいで気が重いという方も多いことでしょう。

 

もし面接に悩んでいるのであれば、若者向けの就職支援サービスを使ってみるのもいいですよ。

 

もちろん、家族や友達、ハローワークで練習に付き合ってもらうのもいいですが、既卒の面接となるとやや特殊ですからね。

 

プラスアルファとして、既卒の支援に特化した所も使えば、あなたと似たような人を数多く支援してきているわけですからより有効なアドバイスももらえますよ。


関連ページ

面接で空白期間をきかれたらどう答えればいい?
面接で空白期間をきかれたらどう答えればいい?
面接で緊張せずに対応するための方法
面接で緊張せずに対応するための方法
面接での身だしなみ・服装はこうする
面接での身だしなみ・服装はこうする