既卒・フリーターの応募書類の作成方法・注意するべきポイント

既卒・フリーターの応募書類の作成方法・注意するべきポイント

 

既卒・フリーターの場合の応募書類の作成方法ですが、特に新卒のときと違った作り方をしなければいけないのかというと、そういうわけではありません。

 

ただ、既卒・フリーターとなると採用は新卒のときよりも狭き門となることから、よりしっかりと作り上げていく必要があるんですよね。

 

応募書類の作成・注意するべきポイント

 

応募書類の作成の方法や注意すべきことについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

履歴書

 

まず履歴書ですが、言うまでもなくきれいな字で修正ペンなどを使わずにしっかり書きましょう。

 

ただ、きれいな字と言っても達筆である必要はなく、走り書きではなくキレイに書こうとしていれば基本的に問題ありません。

 

なお、書き始める前に文言などの確認をするとともに、書き終わった後も誤字・脱字がないかあらためてチェックしましょう。

 

学歴・職歴はどうする?

 

なるべくもれなく書いたほうがいいですが、なんでも詰め込めばいいというわけでもありません。

 

空白期間があるからまずいと思って無理やり埋めても、その説明などで詰まれば印象はよくならないですし、アピールもしにくくなります。

 

送付状

 

履歴書などの送付を指示されると思いますが、その時に合わせて送付状も添付しましょう。

 

書くべき内容は、下記の通りです。

 

  • 日付
  • 宛先
  • 差出人の名前
  • 件名(送付した理由)
  • 本文
  • 添付書類の内容
  • 以上で締めくくる

 

作成方法としてはワードなどでいいです。また、書類はクリアファイルに入れておくと雨などでぬれても守られるので、そうしておいたほうがいいでしょう。

 

もちろん、提出期限をしっかり守らなければいけないのは言うまでもありません。

 

⇒ 既卒での就職活動の進め方はこちら

 

雑に作らない

 

応募書類は第一関門であり、ここを突破できないと面接までたどり着けません。

 

そのため、面倒ではありますが一つ一つ丁寧に作っていく必要があります。

 

書きなぐったり、誤字脱字がないのはもちろんのこと、志望動機などは使い回ししないでその企業を想定したものをつくるようにしましょう。

 

就職支援サービスを使って添削してもらう

 

応募書類の作成は一人でもできますが、第三者に添削してもらったほうがいいです。

 

ハローワークでもいいんですが、民間の就職支援サービス、それも既卒に特化したところを使ったほうがいいでしょう。


関連ページ

既卒・フリーターの就活での志望動機はどのように考えるべき?
既卒・フリーターの就活での志望動機はどのように考えるべき?
既卒・フリーターの就活での自己PRはどのように考えるべき?
既卒・フリーターの就活での自己PRはどのように考えるべき?
既卒・フリーターが履歴書を作るときに注意するべきポイント
既卒・フリーターが履歴書を作るときに注意するべきポイント