既卒者・フリーターの求人の探し方のコツ

既卒者・フリーターの求人の探し方のコツ

 

既卒者・フリーターの方が求人を探す際、どのようにすればいいのでしょうか?

 

新卒のときとはアプローチの仕方が変わってくるので、しっかりと基本を押さえたうえで探すことが重要です。

 

そこで、ここでは既卒者・フリーターの方の、求人の探し方の方法やそのコツ・ポイントについてご紹介します。

 

どうやって求人案件を調べるか?

 

新卒に比べ、既卒・フリーターの方向けの求人情報というのは、少なくなる傾向にあります。

 

そのため、上手に求人情報を集めないと、そもそもアプローチができる場所が少ない、といったことにもなるんですよ。

 

求人サイト

 

有名どころでいえば、リクナビであったりマイナビがあります。

 

ただ、そういったサイトも既卒・フリーターの方向けの求人はあまり多くは扱われていないんですよ。

 

なので、一般的な求人サイトを使うよりも、既卒・フリーターの方に特化したサイトを使うのがいいでしょう。

 

⇒ 既卒者向け就職支援サービスはこちら

 

ハローワークもあり

 

身近なところでいえばやはり、ハローワークですよね。求人情報は自もだけでなく幅広いですし、どこで利用してもOKです。

 

ただ、掲載するのにハードルが低いので質の低い級人、実際とかけ離れたものも混ざっているので要注意。

 

また、求人票もシンプルではあるんですが、情報が少なくイメージがしにくいのも難点です。

 

もし利用するのであれば、既卒3年以内の人を対象にしている新卒応援ハローワークを使ってみましょう。

 

応募書類の作成方法から面接の指導など、一通りのサポートを受けることができますよ。

 

⇒ 新卒応援ハローワークは既卒者も利用できる?

 

アンテナを張り巡らせる

 

どうせいい求人なんてない、と適当に探すのはNGです。

 

こんなところに希望の求人があったなんて・・・

 

ということもありますから、いろいろ探してみましょう。決めつけて手を抜くと、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれませんよ。

 

待遇面はどんなレベルを希望する?

 

求人数が少ない中で、条件がいいものは多くないです。

 

では、待遇はこの際無視するのかと言えば、そうもいきませんよね。働ければなんでもいいというわけではありません。

 

ポイントとしては、優先順位をしっかり決めることです。

 

年間の休日日数が大切なのか、それとも給与なのか、残業時間がどれくらいあるのか、などなど。

 

どのように働きたいのか、どのような働き方ならできそうなのか考え、優先順位をつけましょう。

 

妥協するポイントなどを決めておけば、迷わずに取捨選択ができるようになります。

 

⇒ 既卒での就職活動の進め方はこちら

 

就職支援サービスを使ってみよう

 

若者向けの就職支援サービスであれば、既卒向けの求人も多く取り扱っています。

 

なかには、一般の求人サイトであったりハローワークには出さず、こういった若者向けの支援サービスにのみ求人を出している所もありますからね。

 

また、セミナーで実際に採用担当者と話す機会を設けているところもあるので、一度試してみるといいでしょう。


関連ページ

就職を考える際の業界分析方法
就職を考える際の業界分析方法
既卒者の就職活動の進め方・手順
既卒者の就職活動の進め方・手順
既卒・フリーターの就活者が相談するべき相手は誰?
既卒・フリーターの就活者が相談するべき相手は誰?
就職先を探すのにハローワークを使うのはどうなの?
就職先を探すのにハローワークを使うのはどうなの?