既卒者の就職活動の進め方・手順

既卒者の就職活動の進め方・手順

 

既卒になってからの就職活動はどのように進めていけばいいのだろう、そう悩む人もいるでしょう。

 

学生のときとは立場が変わりますからね。例え年齢的には近かったとしても・・・

 

そこで、ここでは既卒者の就職活動の進め方・手順についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

どうやって就活をするか

 

基本的には、新卒のときとそんなに大きくは変わりません。ただ、新卒のときと同じようにやっていては上手くいかないので、既卒ならではの就活のポイントを抑えて動く必要があります。

 

新卒での就活を振り返る

 

まずやることは、新卒での就活の振り返りです。

 

なぜ内定がもらえなかったのか、または内定が出たけれどそこに就職しなかったのか、などなど。

 

この作業は非常に重要で、また同じことを繰り返さないためにも手を抜かずにやってください。

 

また、新卒のときに就活をしていなかった、公務員を目指していたりなんとなく就活する気にならなかったという人は、なぜ就活を始めようと思ったのかなどを考えてみるといいでしょう。

 

こういった分析をもとに応募書類をつくったり面接を受けることになるので、じっくり時間をかけて取り組んでください。

 

応募できる求人を探す

 

既卒になると、新卒のときほど応募できる求人は多くありません。国内ではまだまだ新卒一括採用がメインですからね。

 

なので、まずは応募できる求人を探す必要があるんですよ。

 

探し方としてはハローワーク(新卒応援ハローワークは既卒者も利用できる?)であったり、民間の就職支援サイトを利用するといいでしょう。

 

最近は若者向けの就職支援サイトも多くあるので、気になるところに登録してみてください。

 

そういったサイトには、若者を受け入れる体制が整っている会社も多くありますし、非公開の求人もありますからね。

 

⇒ 既卒者向け就職支援サービスはこちら

 

応募書類の作成

 

応募したい企業が見つかったら、応募書類を作成します。

 

既卒の場合は応募できる求人も減ってきますので、一戦必勝でいきましょう。

 

面接に臨もう

 

応募書類が通ったら、あとは面接です。

 

新卒のときにある程度経験しているかもしれませんが、既卒特有の質問もあるのでしっかり対策しておくことが大切です。

 

特に、なぜ既卒になったのかやその間やっていたことは基本的に聞かれるので、前もってある程度の答え・話の核は作っておきましょう。

 

⇒ 面接対策・準備の方法はこちら

 

大事なのは諦めない心

 

就活は非常に大変です。

 

就活性の中にはうまくいかずに自殺を選んでしまう人もいるくらいしんどいですが、適度に息抜きをしながら諦めずに行動していきましょう。

 

就職というのはめぐりあわせもあるので、あきらめずに動き続ければいいことがありますよ。


関連ページ

既卒者・フリーターの求人の探し方のコツ
既卒者・フリーターの求人の探し方のコツ
就職を考える際の業界分析方法
就職を考える際の業界分析方法
既卒・フリーターの就活者が相談するべき相手は誰?
既卒・フリーターの就活者が相談するべき相手は誰?
就職先を探すのにハローワークを使うのはどうなの?
就職先を探すのにハローワークを使うのはどうなの?