やりたい仕事がない既卒・フリーターはどうすればいいの?

やりたい仕事がない既卒・フリーターはどうすればいいの?

 

既卒・フリーターで焦りはあるんだけれど、かといってやりたい仕事がないから就活に身が入らない、という人もいるのではないでしょうか?

 

やりたい仕事、なかなか見つからないものなんですよね。

 

とはいえ、やりたい仕事が見つかるまで何にもしない、というわけにもいきません。

 

働いてない中でのやりたい仕事はあくまで理想論

 

やりたい仕事がなければいけないといった雰囲気はありますが、実際のところやりたい仕事なんてなくてもいいんですよ。

 

そもそも、働いた経験がない中でのやりたい仕事というのは、妄想でしかありません。

 

やっぱり、何事も経験してみないとわからない、ということはあります。逆に、やりたい仕事がばっちりあったとしても理想を高めてしまい、そのギャップにやられて早々にギブアップする可能性もあるんですよ。

 

働いているうちに見つかることもある

 

やりたい仕事が見つかっていなくても、働いているうちにどういったことがやりたいのか見えてくることがあります。

 

そうしたら方向性を変えていけばいいんですよ。何も焦る必要がありません。

 

また、その仕事の延長線上にやりたいことがある場合もあるでしょう。なので、まずはやりたいことがないとしても動き始めてみることが大切です。

 

やりたい仕事なんてなくていい

 

そもそも論ではありますが、やりたい仕事なんてなくてもいいんですよ。

 

仕事って何のためにやるかと言えば、生活していくためです。

 

日本では仕事にやりがいを見出して、仕事を通して自己実現しなければいけない、といった考えが根強いです。確かにその考えも正しいとは思います。

 

ですが、やりたい仕事・やりがいというのは搾取するためのマジックワードでもあるので、もしやりたいことがないのであればこの言葉に固執する必要は全くありません。

 

ワークライフバランスという言葉もありますが、何事もバランスが大切なんです。やりがいは何も仕事で見つけなくても、プライベートで見出すこともできますからね。

 

それに、やりたいことと仕事がマッチするかと言えばそうも言えませんし、仕事にするにしてもやりたいこと以外のその他の雑務が大きな比重を占めれば、それはそれでしんどいですから。

 

やりたい仕事がない人の仕事選び

 

やりたい仕事はないけれど、いつまでも働かないでいたりフリーターでいるのはまずいから動かないと、と思っている人もいるでしょう。

 

そこで、ここからはやりたい仕事がない人のための仕事の選び方についてご紹介します。

 

消去法で絞り込む

 

やりたいことを探すのではなく、やりたくないこと・苦手なことをピックアップして、その比重が大きくない仕事を探すといいです。

 

例えば、数字がとても苦手なのに経理職をするのはしんどいですし、運動が苦手なのにジムのトレーナーをしても続けるのはしんどいですよね。

 

この視点なしで仕事を選んでしまうと、なんとかなると思っていたけれどやっぱりしんどかったということで長続きしないことが多いです。

 

無理なく働ける職場環境を求める

 

仕事内容ではなく、職場環境を重視するのもありです。残業が少ないとか、しっかり休日が取れる、仕事に見合った給料がもらえるといったことは重要ですからね。

 

ただし、職場環境ばかりに目を向けて上で紹介したように苦手なことなどを仕事にしてしまうと、しんどい思いをすることになるので要注意です。


関連ページ

既卒が就職活動で不利になる理由
既卒が就職活動で不利になる理由
社会人になるのが不安・怖いと思っていませんか?
社会人になるのが不安・怖いと思っていませんか?
就活を本格的に始める前に自己分析をしっかりやろう
就活を本格的に始める前に自己分析をしっかりやろう
社会人になるのが不安なのはそれが未知の世界だから
社会人になるのが不安なのはそれが未知の世界だから