初めてアルバイトをするまでの流れ

初めてアルバイトをするまでの流れ

初めてアルバイトをしよう、そう思っている人もいるのではないでしょうか。

 

お金はどこかから降ってくるものではなく、時には自分で稼がなければいけないときもあります。そこで当サイトでは、アルバイトを始めようとしている人向けにアルバイトのことをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

アルバイト先を探す

 

第一ステップはなんと言ってもアルバイト先を探すところからです。

 

どんなところで働く?

 

どういったアルバイト先を選ぶかですが、これは人それぞれでしょう。

 

人と接するのがあまり得意ではないのであれば人との関わりがあまり多くないところ、逆に人と接するのが好きであれば接客業を選ぶのがいいですね。

 

アルバイト先の探し方

 

アルバイト先の探し方ですが、アルバイト紹介サイトやコンビニなどでおかれているフリーペーパー、実際に店舗などに張られている求人募集、等があります。

 

新聞を取っているのであれば、折り込みチラシを見るのもいいでしょう。土曜日・日曜日に多く入っています。

 

一度は下見しておく

 

場所によっては下見が難しいところもありますが、外から職場の雰囲気を確認するだけでもいいので下見しておくことをおすすめします。

 

私の場合ですが、求人広告を見て特に調べもせずに応募したら、あまりにもイメージと違う&自分に合わないところで驚愕したことがありました。

 

案の定、すっぱりと落とされてしまったんですよね。というのも、町の定食屋みたいなところだと思ったら実際は料亭で、男の私は募集対象ではなかった(求人広告ではそういった注意書きなど話)んです^^;

 

無駄ありになってしまうこともありますし、一度下見しておけば履歴書の作成や面接にも役立つので、一度は下見しておくことをおすすめします。

 

応募する

 

アルバイトをしたいところが決まったら、次は応募します。

 

応募の仕方には主に「WEB」と「電話」がありますが、応募方法が指定されている場合はその方法に従ってください。

 

応募方法が指定されていない場合は、都合のいい方法を選ぶといいでしょう。

 

WEBでの応募

 

WEBの方が応募する際に気楽ではあります。特に忙しい時間帯かどうかは気にする必要がなく、いつでも応募ができますからね。

 

なお、WEBの場合はついついチェックがおろそかになりがちですが、入力内容に間違いがないかどうかはしっかりとチェックしてください。

 

入力内容が間違っていると連絡がつかないといったことにもなりますし、あなた自身の信頼性を下げることにもつながります。

 

電話での応募

 

電話の場合は幾分気を遣います。この時点で既にある程度の審査というか、印象付けはできてしまいますからね。

 

電話対応の基本は電話する前にある程度身につけておかなければいけません。

 

履歴書の準備をする

 

履歴書は、採用するかどうかのチェックポイントの一つです。

 

作成するに当たり、適当な気持ちでは臨まないようにしてください。黒いペンでできる限り丁寧に書き、間違えたら再度書き直すようにしましょう。

 

書いたところをこすって汚してしまった際も、再度新しい履歴書に書き直すことをおすすめします。

 

その他にも、印鑑をまっすぐ押すようにしたり、必須項目に過不足なく書き込むことなども意識するようにしましょう。

 

面接の臨み方

 

面接は言うまでもないですが、とても重要です。当日は遅刻しないように行動し、仮に遅刻しそうな場合は早めに連絡するようにしてください。

 

また、面接に臨むに当たり、最低限の身だしなみは整えていくようにしていくことも大切です。特に飲食店などの接客業の場合、清潔感があるかどうかと言うのが大きな判断ポイントとなります。

 

無精ひげを生やしていたり、髪の毛がぼさぼさ、男性の場合長髪だったりするとイメージが下がってしまうでしょう。

関連ページ

アルバイトで就職活動資金を貯めよう
アルバイトで就職活動資金を貯めよう
日雇いバイトはどのサイトで探す?
日雇いバイトはどのサイトで探す?